土日も営業中

治療について

ご案内

対象動物

ワンちゃん・猫ちゃんは、必ずキャリーバッグに入れるか、首輪・ハーネス・リードを装着してご来院ください。車から飛び出して事故に遭うケースもありますので、おとなしい子でもご注意ください。

フェレット、うさぎ、ハムスタ一、鳥などの小動物も診療します。来院前にお電話にてお問い合わせください。

診療時間

日曜・祝日も診療しています。
お盆、年末年始、学会などで臨時休診となることがあります。詳しくはお知らせやトップページの診療カレンダーをご確認ください。
ペットホテルのお預かり・お迎え時間は診療時間に準じます。ペットホテルについて詳しくはこちらのページをご確認ください。

問診票ダウンロード

事前に問診票をダウンロードして、ご自宅でご記入いただけます。
ご記入の上、お持ちいただけると、初診時の受付がスムーズに行えます。
問診票のみのお渡しも可能です。受付にてお声かけください。

うさぎ フェレット 他の小動物

お支払い方法

クレジットカードでのお支払いが可能です。
【取り扱いカード】 VISA MsterCard JCB American Express Diners Club

当院は「アニコム損害保険」「アイペット損害保険」の提携病院です。受付時に保険証をご提示ください。

避妊・去勢手術について

犬(女の子)の避妊手術

卵巣と子宮を全摘出する手術で、1泊2日の入院となります。体重によって料金が異なります。詳しくはお問い合わせください。

メリット
  • 望まない妊娠を避ける
  • 中高年以降に発生の多い子宮や卵巣の病気の予防
  • 乳腺腫瘍の発生リスクを低下させる

デメリット
  • ホルモンバランスが変化するため太りやすくなる

犬(男の子)の去勢手術

精巣を摘出する手術で、日帰りの処置となります。体重によって料金が異なります。詳しくはお問い合わせください。

メリット
  • 他の犬への攻撃性が軽減される
  • 中高年以降に発生の多い前立腺や精巣の病気の予防
  • 去勢していない犬では、肛門周囲腺腫や会陰ヘルニアの発生が多い傾向にあります。また、潜在精巣と鼠径部陰睾では、精巣腫瘍の発生率が高くなります。

デメリット
  • ホルモンバランスが変化するため太りやすくなる

猫(女の子)の避妊手術

卵巣と子宮を全摘出する手術で、1泊2日の入院となります。

メリット
  • 発情期特有の行動を予防する
  • 中高年以降に発生がある子宮や卵巣の病気の予防
  • 乳腺ガンの発症リスクを低下させる(避妊されてないネコとの比較)

デメリット
  • ホルモンバランスが変化するため太りやすくなる

猫(男の子)の去勢手術について

精巣を摘出する手術で、日帰りの処置となります。

メリット
  • マーキングやスプレーなどの性行動の軽減
  • 他の猫への攻撃性が軽減される

デメリット
  • ホルモンバランスが変化するため太りやすくなる

麻酔について

健康なワンちゃん・ネコちゃんでも、麻酔関連死亡率は0ではありません。海外の麻酔関連死の報告では、犬:0.05%、猫:0.11%となっています。
リスクを最小限に抑えるよう常に体制を整えます。